ハイブリッドセラミックスとは

ハイブリッドセラミックスとは、セラミックやシリカ、ジルコニアなどのフィラーを、レジン樹脂(プラスチック)に混ぜたものです。

フィラーがたくさん含まれることで、レジン樹脂の膨張や収縮を抑えられ、精度の高い治療が可能となります。
また、フィラーが含まれることで強度が増しますし、透明感のある審美的な色調を出すことが可能となります。

医院によっては「ハイブリッドレジン」や「エステティックレジン」と呼ばれることもあります。

詰め物(インレー)やかぶせ物(クラウン)で用いられることが一般的でしたが、最近は直接充填(ダイレクト)が可能な製品も出てきています。

【長所・利点】
・天然歯のような自然な色合いが再現可能
・天然歯質に近い硬さなので、歯を痛めにくい
・樹脂成分が入っているので、割れにくい
・接着剤と強固に結合するので取れにくい
・わずかなトラブルの場合は、修理することができる
・治療費が比較的リーズナブル

【短所・欠点】
・担当医の技術に、結果が左右されやすい
・色調はセラミックにやや劣る
・変色する可能性がある

コメントは受け付けていません。